- - - Takeoff Runway 26 - - -          EnjoySky! へ

<いよいよEnjoySky!>

ライセンスを取ったら、ついに夢の実現、空を自由に飛びまわる!が出来るようになります。

もちろん、訓練生として学ぶことも飛ぶ喜びのひとつだけど、ライセンスを取るまではやはり通過しなければならない関門、 なんとか頑張って、工夫もして、実技と、航空知識と、それから英語での航空管制ATC(Air Traffic Control )交信を学んでいかねばならない。 ライセンス取得自体が、あまりに大きなターゲットであるため、取得したとき達成感に感激・・・。

でも、そのあと、「ライセンスは持っているけど、その後飛んでいません」という人に会うことが結構多いのに驚きます。あなたはいかがですか?  理由はいろいろ。
・アメリカ駐在中にとって、飛び回ったけど、日本に帰国。その後は仕事が忙しいし、家族との生活も有るし・・・。
・フライングクラブに入りたかったけど地元には、それがない・・。
・アメリカにくらべ費用が高くて、諦めざるをえない・・・。
・セスナ172を借りたいけど、チェックアウト(技量確認)がかなりの長時間要求されるし、1時間4万円超では・・・フーー(ため息)。

日本で、年間を通じて飛んで楽しめる人は幸せですが、その条件、環境に恵まれた人は多くはないと思います。

私も日本で、飛び続けられる環境・条件を作り上げたいのですが、当面は、違うアプローチでいこうと思っています。

アメリカ、それも日本人にとって親しみやすい西海岸、特にロサンジェルスを中心に、時々訪問して、まとめてフライトを楽しむスタイルを基本にしています。このほうが、結局費用的に有利そうだし、私のように時間的に比較的自由な人々はもちろん、サラリーマンでも春夏正月などの休暇を利用するなど、より多くのパイロットが実行可能ではないか、と考えました。

アメリカの恵まれた自然や、多彩な観光スポットなどを織り込み、あるいは趣味やグルメも織り込み、より深く、幅広く、あるいはよりエキサイティングに楽しめるプランを目指して、プログラムメニュー化してみました。ソロで出来るプランもあるし、パートナーがいないと実現困難なプランもあります。特に、パートナーがいれば、行動範囲は大幅に広がります。

私も昨年2006年8月末に、ライセンスを取得して間もない新入りパイロット。

一緒に、飛びましょう!。連絡を待っています。